関口 三作 / Sekiguchi Sansaku


大正14年群馬県渋川市生まれ
日本画を志し昭和26~32年同県美術展にて数度の名誉賞受賞す
昭和34年全国こけし人形展において「海の精」が作家協会長賞
昭和43年全群馬近代こけしコンクールにて群馬県知事賞(一位)
昭和49年迎賓館に特別展示さる
昭和52年日本伝統工芸ギリシャ展出品コルフ東洋美術館に永久保存となる
昭和53年県功労者の表彰を受く、同年卓越技能保持者
(称号「現代の名工」)として国指定を受く
昭和61年国際芸術文化賞受賞
黄綬褒章受賞
全日本こけしコンクールにて総理大臣賞3回「花かざり」「村娘」「かのこ」受賞他受賞多数
日本こけし工芸会参与、全国近代こけし展にて長年にわたり審査員を務める
平成30年逝去